ごあいさつ

ごあいさつ

浜松成年後見センターは、法律や医療、福祉の各専門職、そして高齢者や障がい者支援に携わる人達がひとつになって、市民の誰もが権利が養護され、安心して暮らせる地域の支援のシステムをつくろうと法人後見等を行うために設立した法人です。

成年後見人には、親族もしくは第三者の個人が選任されるケースがほとんどです。親族であるだけで選任された場合は業務が煩雑であり適切な後見業務が行われていない場合が多く、一方、第三者による成年後見は候補者の不足が問題となっています。

また後見業務は、本人や親族の心情に関わり、さらに親族間の争いの調整など精神的な重圧を受けやすい事であり、財産管理では高いセキュリティやコンプライアンスが求められ、個人後見の限界が指摘されています。

そこで、法律の専門家、福祉の専門家、実際に高齢者や障害者の相談支援や介護など現場で多くの経験に裏打ちされた人たち、家族、さらには、これまで支援を必要とする人たちのための権利擁護に携わってきた人たちなどの関係者がひとつの法人(組織)として協働して、信頼性の高い成年後見業務や権利擁護の活動を実現したいと考え、法人後見を行う組織をつくりました。

法人(組織)として責任を継続しますので、長い期間(世代を越えて)の支援が可能です。

活動理念

我々の活動は、社会福祉の視座に立つ人権尊重の支援である

  • 活動は、法的基盤に支えられ、ソーシャルワークの手法により、「人―環境」への介入として行われ、実践モデル・理論に根拠を持つものでなければならない。
    (事例検討・スーパービジョン・研修 等)
  • 活動はチームとしてなされ、多面的視野で検討され進められる。
    (チームミーティング、支援会議、事例検討会 等)
  • 活動は各関係機関と密接に連携し、協働して行われる。
    (連絡・相談・情報共有、各種会議への参加 等)
  • 活動は、専門職集団として責任を持つが、広く市民参画を求め、協働し、『地域力』の増強・強化を目標とする。
    (研修会・講座・講演会、支援員養成講座 等)
  • 活動の成果物は、社会に還元される
    (行政への提言、大学との協働研究・発表、著作物 等)

このようなことでお困りの方はぜひお気軽に

「成年後見制度」に関する様々なご相談を受け付けます。以下のようなことでお困りの方は是非お気軽にご相談ください。

一人暮らしの老後を安心して過ごしたい
  • ご自分で財産管理することが難しくなってきた
  • 意味が分からず変な契約をしてしまうのではないか…
  • 福祉サービスを利用したいけどきちんと自分の権利を守ってもらえるか心配
財産管理のトラブルがおきないように
  • 悪質商法の被害にあわないように
  • 相続で後見人を付けて下さいと言われたがどうしたらよいかわからない。
知的障がいのある子供の将来を安心なものに
  • 施設に入所したけど適切にサービスが提供されるか心配
  • 親亡き後誰が子どもの権利を守ってくれるのか
  • 詐欺に遭わないか心配
家庭裁判所に申立をしようと思うけど手続きが難しい

↑このページのトップへ